「普通に生きる」を応援します。 社会福祉法人常茂恵会 (Social Welfare Corporation TOMOEKAI)

ラポート在宅介護支援センター

❥ ラポートいきいきネット相談支援センター

在宅介護支援とは?

 在宅介護支援は、住み慣れた地域で安心して暮らせる街づくりをを目指して、制度のはざまや複数の福祉課題を抱えるなど、既存の福祉サービスだけでは対応困難な事案を解決するため、コミュニティソーシャルワーカー(CSW)が行う支援です。

CSW

TEL

福祉サービスが必要だけど

どうすればいいかわからない

CSWに相談

コミュニティソーシャルワーカー
(CSW)とは?

 コミュニティソーシャルワーカー(CSW)は、地域において、支援を必要とする人々の生活圏や人間関係等環境面を重視した援助を行うとともに、地域を基盤とする支援活動を発見して支援を必要とする人に結びつけたり、公的制度との関係の調整を行なう者のことです。

地域包括支援センター

介護施設

医療施設

CSW

COW地域担当

ホームヘルパー

地域の民生委員・児童委員の方々

泉佐野市の取り組み

 泉佐野市地域福祉計画の5つの重点項目

  1. CSWを中心とした相談支援体制の確立
  2. 生活困窮者への支援と体制づくり
  3. 権利擁護の推進
  4. 避難行動要支援者への支援と体制づくり
  5. 福祉を支える人づくり

の中で、第1の重点項目として「CSWを中心とした相談支援体制の確立」が挙げられています。(以下、第2次泉佐野市地域福祉計画・地域福祉活動計画の概要より)

 社会情勢の変化から、地域で孤立した支援の必要な人が増加し、福祉課題が複雑、多様化していく中でCSWは重要な存在となっています。期待される役割を実現していくためにも、CSWの適切な配置と機能の再構築により、事業の強化を行い相談支援体制の確立を推進します。

  • 制度の狭間や複数の福祉課題を抱える等、既存の福祉サービスだけでは対応困難な事案の解決
  • 地域を基盤とする活動やサービスを発見して支援を必要とする人に結びつける
  • 新たなサービスの開発や公的制度との関係の調整
  • 市におけるセーフティネットの構築・強化の取組みへの参画
  • 地域福祉計画及び他の分野別計画の策定その他の福祉施策推進に向けた行政への提言

Copyright © 1997-2017 社会福祉法人常茂恵会 (Social Welfare Corporation TOMOEKAI), All rights reserved.