「普通に生きる」を応援します。 社会福祉法人常茂恵会 (Social Welfare Corporation TOMOEKAI)

ラポートケアプランニングセンター

ケアプランニング

 可能な限り、住み慣れたご自宅で、自立した日常生活を過ごせるようにご本人の意見を取り入れ、介護サービスやその他の保健医療サービス、福祉サービスを適切に利用することができるよう、介護支援専門員(ケアマネージャー)が、「居宅サービス計画(ケアプラン)」をお立ていたします。

  • ご契約者の心身の状況やご契約者とそのご家族等の希望をお伺いして、「ケアプラン」を作成いたします。
  • ご契約者の居宅サービス計画に基づくサービス等の提供が確保されるよう、ご契約者及びその家族等、デイサービスやホームヘルパーなどの事業者との連絡調整を継続的に行い、ケアプランの実施状況を把握いたします。
  • 必要に応じて、事業者とご契約者双方の合意に基づき、ケアプランを変更いたします。

ケアマネージャー

ケアプランの作成と
サービスご利用までの流れ

 要介護認定の申請からケアプランの作成、実際のサービスご利用まで
の流れをご説明いたします。

1

2

3

4

5

6

7

お電話

要介護認定
の申請

認定調査・
主治医意見書

審査判定

認定

サービス計画書
(ケアプラン)
の作成

介護サービス
利用の開始

  • 当センターまでお電話をいただきます。
    ご家族の方でも結構です。
  • 要介護の認定まではご自身で直接、市役所へ申請を行うことができますが、当センターのケアマネージャーが、お手続などのお手伝いをいたします。
  • 介護保険によるサービスを利用するには、要介護認定の申請が必要になります。
    申請には、介護保険被保険者証が必要です。
  • 40~64歳までの方は、医療保険証が必要です。
  • 市区町村等の調査員がご自宅や施設等を訪問して、心身の状態を確認するための認定調査を行います。
  • 主治医意見書は、市区町村が主治医に依頼をします。主治医がいない場合は、市区町村の指定医の診察が必要です。
  • 調査結果及び主治医意見書の一部の項目は、コンピュータに入力され、全国一律の判定方法で要介護度の判定が行われます。(一次判定)
  • 一次判定の結果と主治医意見書に基づき、介護認定審査会による要介護度の判定が行われます。
    (二次判定)
  • 市区町村は、介護認定審査会の判定結果に基づき介護認定を行い、申請者に結果を通知します。
  • 申請から認定の通知までは原則30日以内に行われます。
  • 要介護認定を受けると、介護サービスを利用するために、介護サービス計画書(ケアプラン)の作成が必要となります。
  • 当センターのケアマネージャーが、どのサービスをどう利用するか、ご本人やご家族のご希望、心身の状態を十分考慮して、ケアプランを作成します。
  • ケアプランに基づいた、さまざまなサービスが利用できます。
  • その後も、サービスの利用に変更が必要な場合はお手伝いいたします。

デイサービスの利用

可能な限りご自宅で
日常生活ができるよう
ご支援いたします。

ホームヘルパーの利用

お問合せ☎

  •  お電話をいただければ、ケアマネージャーが詳しくご説明させていただきます。
  • ラポートケアプランニングセンター:
    072-490-2030
  •  「介護サービスを利用したい。」とお問い合わせください。

Copyright © 1997-2017 社会福祉法人常茂恵会 (Social Welfare Corporation TOMOEKAI), All rights reserved.