Center for Early Childhood Education and Care "Shimokawaraya Hoikuen"

幼保連携型認定こども園

こんな子どもになってほしいと願っています。

子どもたちが赫(かがや)く保育を目指しています!

  • 認定こども園下瓦屋保育園は、2006年4月から社会福祉法人常茂恵会が民間保育園として運営し、2015年4月より幼保連携型認定こども園へ移行しました。
  • 公立保育所の保育内容を引き継ぎながら民営になったメリットを生かし、子どもたちの育成と働く親御さんへの支援を充実していきます。
  • 自然に囲まれた園舎で、子どもたちがのびのびと活動し、一人ひとりを大切に、相手への思いやりの心を培い、地域社会とかかわりながら、ともに育ちあう仲間づくりを目指しています。

園長 中西 小夜子

  • 子ども一人ひとりが自分自身を出しきれる子どもに!
  • 自分で考え行動し、見通しの持てる子どもに!
  • 自分も、友達も大切にし、友達のいっぱいいる子どもに!
  • つくる、食べる、育てることをいっぱい楽しめる子どもに!
  • みんなと一緒に人の話を聞くことができ、お話や絵本の大好きな子どもに!

クラス

 

0歳児

1歳児

3歳児

2歳児

4歳児

5歳児

3号

認定

子ども

2号

15名

15名

16名

1号

6名

6名

12名

3

3

4

ひよこぐみ

りすぐみ

うさぎぐみ

りきんぐみ

ぞうぐみ

らいおんぐみ

❥ 人数は利用定員です。

施設の概要

  • 敷地総面積:2500.77㎡
  • 施設延床面積:592.40㎡
  • 鉄筋コンクリート陸屋根平屋建

加入している保険

  • 社会福祉施設・事業者総合保障制度
  • 社会福祉施設賠償責任補償
  • 『民間保育園の子育て支援事業』参加者傷害事故補償制度
  • 病(後)児保育事業総合保険
  • 災害共済給付制度(※保護者と事業者が負担)

教育・保育目標

  1. 集団生活をする中で、「社会性」を培うとともに、正しいルールを身につけさせ、健康で明るい教育・保育に努める。
  2. リトミック、絵画、絵本などを通して、情緒豊かで、創造性が芽生えるような教育・保育をする。
  3. 健康診断、清潔など、保育衛生の向上に努めるとともに、散歩、運動会、野菜作りなど戸外で積極的に活動し、体力のある子どもに育つような教育・保育をする。
  4. 世代間交流、地域における異年齢児の交流に関心を持ち、いろんな経験を通して、人間関係を広げ、協力することや、やさしさ、思いやりが育つような教育・保育をする。
  5. 地域の伝承文化に親しめるように、積極的に地域に根差した教育・保育をする。
  6. 保育参観、個人懇談、子育て学習会、いろんな行事を通して、保護者とともに子どもの成長を喜び相互理解と信頼を深め、教育・保育に万全を期する。
  7. 教育・保育に関する相談、助言、情報交換をする中で、保護者が安心して、相談、悩みなどを打ち明けられるように心がける。

このページを印刷する

Copyright 2017 社会福祉法人 常茂恵会 (Social Welfare Corporation TOMOEKAI), All rights reserved.